スタッフブログ

魅惑の都市、マカオをご紹介致します!!

2017.02.02

眠らない街、カジノの街と表されるマカオですが、マカオの魅力はそれだけではありません!
豊富なグルメに世界遺産が30も現存する「マカオ歴史街地区」などマカオの楽しみ方はたくさん!
この度、弊社の現地調査員に就任した、ししまる君の旅を参考に
今回はマカオの魅力に迫ります!



こんにちは!ししまるです。今回はマカオの調査へ行ってきました!




14:30 関西空港を出発し、直行便で約4時間15分、快適な空の旅を経て、
18:30 マカオ到着!
今回の滞在先は、まちの中心に位置する「リオホテル」(コンビニも近く便利)



その日の夕食には、ホテル近くのマカオ料理のお店へ行きました。
ポルトガル領のなごりで、飲み物を注文すると、暖かいパンとオリーブオイルのサービス。
今話題の蟹のカレー炒め(時価なので注意!)ラム肉、鱈のフリッター、
チャーハン、鰯の塩焼き等、どれも絶品のマカオ料理を堪能しました!




デザートのプリンもおすすめ!  一口食べた後、ワインをかけて頂くのがマカオ流。
甘さ控えめでほろ苦い甘みが口に広がりました!



市内観光 朝から元気に市内観光! 人気の観光スポットの聖ポール天主堂(世界遺産)、
聖ドミニコ協会(世界遺産)を巡ります。



このあたりは、人気の観光名所のため、エッグタルトや タピオカジュースなどを販売する露店も多いエリア。




小腹が減ったので、牛モツ煮をテイクアウト。食べ歩きをしつつ次の目的地へ。
ここからも怒濤の世界遺産巡り。 徒歩5分圏内に5つもの世界遺産が!




おなかも減ってきたので、マカオタワーへ向かい、 360℃CAFÈにて、
ポルトガルビュッフェの昼食をいただきました!
ここは名の通り、360度回転展望レストラン!
テーブル席エリアが回転する仕掛けで、約一時間で一回転、ゆっくりと回ります。
この日はあいにくの曇り空でしたが、マカオの全景を望むことができ大満足!
マカオの住宅街がミニチュアのように見えました。



食後のあとは、デザートを求め、ベネチアンホテルヘ。




元祖マカオのエッグ・タルト店の系列カフェ、 『安徳魯餅店及珈琲店(Lord Stow's Bakery & Cafe)』にて
エッグタルトを早速購入!
人気店のため、多少の待ち時間がありましたが、
横をながれる船からは歌声が聞こえてきたりと、待ち時間も楽しい!
エッグタルトは甘さ控えめで、絶品でした!


  

今回は現地での会議がはさんだため、いったんホテルへ向いました。
その後、夕食はリオホテルから数分の場所にある「萬豪軒」で広東料理を堪能!



最後の夜は、カジノで締めくくり。 THEマカオ!と思わず口にしたくなる、マカオらしいネオンの街並みが広がります!
カジノは入場無料で、入場・退場の際に手続きも無く、(年齢確認はされる場合も) 24時間、気楽に出入りが可能!
「リスボア」&「グランド・リスボア」が最近主流の店のようです。
初心者でも大いに楽しむことが出来、マカオ最後の夜を満喫しました。

ブログ一覧へ戻る