スタッフブログ

ベトナムの中部最大の都市、ダナンへ行ってきました!

2019.01.05
人気絶好調中のダナンへ言ってきました♪
日本からは、成田空港と関空からベトナム航空の直行便が就航。
飛行時間は、4時間程度とアジア地区のビーチリゾートでは、近くなので行きやすい。
ホーチミンとハノイの丁度真ん中に位置する都市で、今人気上昇中!。
ダナン空港からダナンの中心地までは、タクシーで15分程度。小さな街で、治安が比較的いいので、初めてのベトナム旅行でも安心!
 
 1日目
関西空港を出発しダナンへ
気温は、最低でも20度を下回る事はなく、日中は30度を超える程。
蒸し暑いので、日よけ対策は必要
10,000ドン=約¥50 なので、大金持ちになった気分♪
2日目 世界遺産、ミーソン遺跡とホイアン観光
電車がないので、交通手段は主にタクシー。ミーソン遺跡へは、約1時間半。
チャンパ王国の聖地ミーソン遺跡は、レンガの間に接着剤を一切使わず建てた不思議な建築様式や、ヒンドゥー教の神様・シヴァ神が祀られている等謎深き場所。特長的な煉瓦づくりの建物が深いジャングルの中、静かに佇む神秘的な光景は、歴史好きならずとも観たいもの。国内8つの世界遺産のうちのひとつで、ヒンドゥー教シヴァ派の聖地であることから「ミーソン聖域」とも呼ばれているそう。 


ミーソン遺跡から、世界遺産‘ホイアン’へ(約1時間半)
ホイアンの古い町並みが残る旧市街地は歴史保護地区として指定され、徒歩で回ることができるくらいの小さな町です。時間帯によって自動車やバイクの乗り入れが禁止されてる。日本、中国、ベトナムの建築様式が混じった歴史的建造物が建ち並び、現在も民家として、店舗として、集会所として使われており、観光スポットの目玉として多くの人々が見物に訪れてました。
約21ヶ所の観光スポットでは名所、博物館、伝統的な工芸や文化、集会所、民家、寺院などのジャンルがあり入場料は現金ではなく歴史保護地区内にある総合チケット売り場で観光チケットを購入します。(1ヶ所1枚利用5枚綴り 外国人料金12万ドン 約660円)
この収入で「海のシルクロード」と呼ばれた当時の町並みや伝統を維持しているそう。
ホイアンと言えばランタン!日本の提灯と比べると原色の派手な物がよく見られますが、似ている物もありよく見ると和風の図柄の物も見かけます。旧暦の14日にはランタン祭りがあり、夕方になると街全体が電灯を消して月明りとランタンの灯りだけで過ごし、街は歩行者天国となります。
満月の夜に行うことからフルムーンフェスティバルと呼ばれ世界各国から、町全体が幻想的なムードに包まれるこの日に合わせてホイアンにやって来るそう。




ホイアンの旧市街の一角にある「ベトナムで一番美味しいバインミーの店」として有名な「バインミー・フーン Banh my Phuong」にて夕食を購入。
具が山盛りで、かなりのボリューム! 1個2万5000VND(約150円)と激安なのも嬉しい。


ホイアンからダナンへ(約50分)
ダナンへ戻り、ホテルへ
 
3日目
この日は、朝からダナンの北部にあるミーケービーチへ。
ダナンの象徴ともなっている「ソンハン橋」を渡ってしばらく進むとビーチが見えくる。
ミーケービーチは連日多くの地元の人々と外国人観光客で賑わいを見せています。浜辺の座椅子&パラソルは、レンタル可。1日¥1,000ぐらい。ココナッツジュースを売ってたり。売り子も行き交っていて、軽食や日焼けクリーム、サングラスなどを売りに歩いている。
波は静か。海岸道路にはシーフードレストランやレストランバーが建ち並んでいて、美味しいシーフードを堪能できる穴場の場所!新鮮な魚介を格安で食べることができた。



昼食後、Galina Da Nang Mud Bath(ガリーナダナンマッドバス)にて泥風呂入浴。
ワンドリンク付きで、¥3,000程度
ちょっと高いのか、利用客は少なく、貸切状態♪


4日目
4日目
ダナン中心部から南東の郊外にある五行山へ。タクシーで15分ほど。
五行山はすべて大理石で成る5つの連山で、展望台からダナンの街を一望することができ、洞窟探検や寺院参拝もできる人気の観光スポット。山全体が大理石でできているため、別名「マーブルマウンテン」とも呼ばれている。観光しやすいようルートが整備されているが、道がとても急で滑りやすいので注意が必要。
途中まではエレベーターでも行くことが出来る。
入山料は1万5,000ドン、エレベーター利用料は往復3万ドン(片道1万5,000ドン)


5日目
フライトにて関空へ

5日間の短いステイでしたが、ビーチリゾートを楽しめるほかにもホイアンやミーゾン遺跡などの世界遺産に近く、おしゃれなレストランを楽しんだり、ローカルエリアを満喫したりと魅力がいっぱい。
短い旅でも大満足できるダナンの旅!ぜひ、次のお休みはダナンへ!
ブログ一覧へ戻る